木造新築住宅におすすめの木材は? 種類と特徴を解説!

住宅は一生使うものなので、なるべく丈夫で傷みにくいものを建てたいという人は多いのではないでしょうか。また、最近では大きな地震も頻繁に起きているため、強度に対する不安がある人もいるかもしれません。丈夫で傷みにくい家を建てるためには、木材選びが重要になります。そこで今回は、木造新築住宅に使われる木材の種類と特徴、そして当社がおすすめする木材などについて紹介します!

木造新築住宅に使われる木材の種類

木造住宅に使われる木材は、大きく分けると「無垢材」と「集成材」の2種類で、次のような特徴があります。

<無垢材>

天然木の丸太から切り出した木材で、調湿性能に優れているのが魅力です。また、自然の色合いや木目が楽しめるため、フローリングや天井などの目立つ場所によく用いられます。一方で、湿度の変化で変形する可能性があるので、それを考慮して施工することが重要になります。

<集成材>

細かく切った木のパーツを接着剤で接合し、整形した木材です。人の手によって作られるので品質が安定しており、湿度による変形も少なく加工しやすいのが魅力です。一方で、集成材ができてまだ年数が経っておらず、長期的な耐久性が未知数であるという注意点もあります。

●無垢材の種類と特徴

このうち、無垢材は天然木の種類によっても細かな特徴が異なります。例えば、一般的に針葉樹は柔らかく、広葉樹は硬い傾向があります。日本では住宅に靴を脱いで上がるので、足触りが優しい針葉樹の木材が使われるケースが多いです。

また、針葉樹は真っ直ぐに成長するため、柱や梁などにもよく使われます。特に高い強度を持つヒノキは、古くから住宅はもちろん神社の建築などでも用いられてきました。

<針葉樹の例>

スギ、ベイマツ、ラディアタパイン、ヒノキなど

<広葉樹の例>

ケヤキ、クリなど

どこに、どんな木材を使うべき?

使用する場所や用途によって、最適な木材は異なります。どこにどのような木材を使えば良いのか、代表的なものを紹介しましょう。

●床に使われる材木

一般的に床材としてよく使われるのは、針葉樹ならパイン、スギ、ヒノキ、広葉樹ならナラ、チーク、クリ、タモ、ウォールナット、バーチなどです。針葉樹は軽くて加工しやすく、古くから日本建築で使われてきました。一方、広葉樹は硬くて傷が付きにくく、特徴的な色や模様の木材が多いため、人の出入りが多い場所や個性的な部屋を造る場合に好まれます。

●梁に使われる材木 

梁によく使われるのは、スギやベイマツ、カラマツ、ジマツ、エゾマツ、レッドウッド(欧州アカマツ)など、まっすぐ育つ針葉樹です。スギよりもマツの方が全体的に強度が強い傾向があります。

●柱に使われる材木

柱として使用される木材は、スギやヒノキが一般的。柱は建物全体を支える重要な部分なので、歪みが少なく腐りにくい木が適しています。より強度を重視する場合は、スギよりもヒノキの方がおすすめです。

そのほか、木材選びで注目したいポイント

住宅に使う木材を選ぶ際、見た目や価格だけでなく、以下のポイントに注意することも大切です。

●シロアリに強いかどうか

いくら木材の強度が高くても、シロアリ被害に遭ってしまうとひとたまりもありません。シロアリは木材を食い荒らし、木をスカスカのスポンジ状にしてしまいます。

そうした被害を防ぐために防蟻処理を行うこともできますが、シロアリに対する耐久性が高い樹種を選べば、よりリスクを減らせるでしょう。特にシロアリに対する耐久性が高い樹種は、ヒバ、コウヤマキ、ローズウッド、チークなど。また、ヒノキ、ケヤキ、スギなども比較的耐久性が高いです。

●耐震性

程よい硬さとしなやかさを併せ持つ木は、とても強度の高い建築材料です。例えば、スギの圧縮強度はコンクリートの6倍、引っ張り強度も鋼鉄の4倍 にのぼると言われています。ただし、木は自然から生まれているので、個体差が大きいのが特徴です。同じ樹種でも強度が違うことは珍しくありません。

強度性能を確認する場合は、樹種ではなく木の品質を表す「JASマーク」 が目安になります。

●カビ、腐食などの起こりやすさ

カビや腐食も木材には大敵です。木材は腐ると脆くなり、建物の倒壊リスクが高まります。腐食に対する耐久性は樹種によって異なるので、より耐久性が高いものを選ぶのがおすすめです。

イシンホームおすすめの木材を紹介!

それでは、実際に当社が使用している木材の種類と特徴について紹介します。

●高級「国産檜桧(ヒノキ)EW柱」を採用

イシンホームは、法隆寺と同じ木材である「国産ヒノキ」を柱材と土台として使うことにこだわっています。法隆寺は1,300年以上に渡って存在する建築物。その材料であるヒノキは油分を多く含み、腐りにくく耐久性が高い、世界に誇る木材です。

ヒノキは年輪の密度が高く、育成に時間がかかる樹種です。柱材に使う杉は30〜40年ほどで育つのに対し、ヒノキは50〜60年ほどかかります。育成に時間がかかるため、その分価格は高い傾向があります。

当社は、そんなヒノキの中でも高級な「国産檜桧EW柱」と「赤芯材(無垢)土台」を採用。JAS認定も取得しています。

●梁や土台はレッドウッド「赤王者」

梁に使用しているのはレッドウッド(欧州赤松)の銘木「赤王者」。レッドウッドは強度が高く、高級家具などにも使われています。ホワイトウッドより樹脂分が多いため水に強く、高温多湿な日本の気候にぴったりです。

当社が使用しているのは、レッドウッドの中でも最も強度が高い北緯58〜62度で栽培される木材。気の反りや曲がりが少なく、試験強度も高い数値が出ています。

住宅を建てる際、価格や耐震性能に注目する人は多いと思いますが、長く安全・快適に暮らすためには木材選びも重要なポイントになります。ぜひ皆さんも、木材についてチェックしてみてくださいね!

太陽光+蓄電池搭載で節約・安心を手に入れた実例を紹介!
賢い家づくりのノウハウがぎゅっと詰まったカタログをもらおう

資料請求はこちら

運営会社

株式会社イシン住宅研究所(イシンホーム)

イシンホーム住宅研究会は家造りを天職とする日本全国約180店が参加する真面目な家づくり研究ネットワークです。常に未来を先取りする研究・開発型の企業です。蓄積したノウハウや研究実績を自社のためだけでなく、全国に提供し、喜ばれています。イシンホーム住宅研究会本部は商品開発チームを結成し独自で開発した販売・設計・施工のノウハウを加盟店に提供するとともに、優れた資材を一括購入することで購入にかかるコストを飛躍的に落とし、高品質・高性能な家をお客様に提供できる仕組みになっています。

本社(総合戦略本部)

同じカテゴリの最新記事

物干しや屋上庭園など活用方法は無限大! 新築に屋上をつくる時に押さえておくべきポイントを紹介。

メンテナンスが少ない家(+リフォーム)

人気の平屋、新築するなら2LDK?3LDK?理想の間取りを実現するポイントとは

メンテナンスが少ない家(+リフォーム)