対面キッチンで、コミュニケーションが取りやすい食卓を!メリットやデメリット、レイアウトを紹介

リビングやダイニングに向き合う形で料理ができる対面キッチン。家族や友人とコミュニケーションを取りながら作業できるため、家づくりの際に採用する人も増えています。今回は、そんな対面キッチンのメリットやデメリット、種類などについて、当社が手掛けた実例も交えて紹介します。

●対面キッチンとは?

対面キッチンとは、キッチンが壁で仕切られておらず、リビングやダイニングと対面する形で料理や片付けができるキッチンスタイルのこと。家族やゲストと会話をしたり、テレビを見たりしながら、作業をできるところが人気です。

●対面キッチンの種類を紹介

一口に対面キッチンといっても、そのレイアウトにはさまざまな種類があります。そこで、対面キッチンの種類を紹介します。

アイランドキッチン

キッチンと壁が離れていて、まるで島のように独立している対面キッチンのこと。四方のスペースからキッチンを囲むことができるので、開放感があり、複数人で調理をする場合にも便利です。

ペニンシュラキッチン

左右のどちらかが壁に接している対面キッチンのこと。アイランドキッチンのような開放感がありながらも、比較的省スペースで設置できるところがメリットです。アイランドキッチンと同様に、複数人で一緒に作業しやすいのも魅力です。

I型キッチン

コンロやシンクなどが横一直線に並んでいる細長いキッチンのことで、対面キッチンとしては一番多いレイアウトです。アイランドキッチンやペニンシュラキッチンとの違いは、キッチンの前面にカウンターや腰壁があるところ。腰壁とは、キッチン本体とダイニングを仕切るためにつくる腰の高さぐらいの壁で、これを少し高めにすることで、家の中を見渡せるという対面キッチンのメリットを生かしつつ、リビングやダイニング側からキッチン周りを隠すことができます。

セパレートキッチン

シンクが付いた台とコンロ台が分かれているキッチンのこと。Ⅱ型キッチンとも呼ばれ、対面キッチンと壁付けキッチンを合わせたようなスタイルです。二つに分かれているため、それぞれに作業スペースを設けられ、ゆったりと料理をすることができます。

コの字キッチン

文字通りコの字の形をしたキッチンのことで、U型キッチンとも呼ばれます。通常、コンロ、シンク、カウンターの3面で構成され、コンロやシンクの位置は自由に配置できます。体の向きを変えるだけで作業が可能なため、効率よく作業できるところが魅力です。

L型キッチン

横一直線ではなく、L字型に配置されたキッチンのこと。一般的にシンクとコンロが90度で向き合う形になっているため、コの字キッチン同様に作業動線が短くなっています。また、キッチン自体が大きいため、作業スペースが広いところも特長。壁側にコンロを設置することで、油汚れが広がりにくくできるのも魅力の一つです。

●対面キッチンのメリット・デメリットを紹介

対面キッチンのメリットやデメリットについて解説します。

メリット

リビングやダイニングを見渡せて、コミュニケーションが取りやすい

キッチンの正面に壁などがないため、家族やゲストとの会話を楽しみながら調理をすることができ、壁付けキッチンのように、作業する人が孤立しません。また、視線を上げるだけでリビングやダイニングを見渡せるので、小さな子どもや高齢者、ペットと一緒に暮らす人も安心です。

キッチン内で動きやすく、作業がしやすい

複数人でも動きやすい、作業スペースが広いことも魅力の一つ。カウンタースペースがある場合は、でき上った料理をカウンターに置き、ほかの人が配膳するという分担がしやすいといえます。また、個々が食べ終わった食器を運ぶのにも便利です。

デメリット

油跳ねや水撥ね、匂いが気になってしまう

シンクやコンロの前に壁などがないと、調理中の油や洗い物の際の水がはねてしまい、床の掃除が必要となります。また、リビングやダイニングと一続きになっていることから、調理中の匂いや煙が全体に広がりやすく、カーテンやソファに匂いがついたり、フローリングなどの油汚れが気になったりすることもあります。

ある程度の広さが必要になる

キッチンだけでなく、周りに十分な通路幅を確保しなければならないことから、壁付けキッチンよりも広いスペースが必要となります。レイアウトなどによっては収納スペースが少なくなる場合もあるため、プランニングの際に注意が必要です。

●対面キッチンを検討する際に気を付けるべきポイント

対面キッチンのデメリットをふまえ、検討の際に気を付けるべきポイントを紹介します。 

油や水、匂いの対策をする   

油はねの対策としては「油はねガード」、水はね対策には「水はね防止スタンド」などがおすすめです。視界を遮らない高さのものや、透明なパネルやすりガラスなど、対面キッチンの開放感をなるべく損なわないように工夫されています。匂い対策には、高性能の換気扇を設置しましょう。さらに、リビングやダイニングの壁材や壁紙を消臭機能のついたものにするなど、キッチン以外での対策もあわせるとより効果的です。

通路の幅など、スペースについて検討する

十分なスペースのない場所に対面キッチンを設置すると、通路が狭くなってしまい、かえって調理がしにくくなるため、事前にしっかりと検討することが大切です。通路は、1人で使用するなら約90cm、人の行き来があることを考えると約120cmの幅を確保すれば、作業しやすい空間になるでしょう。

キッチンが丸見えにならないように対策する

対面キッチンの場合、リビングやダイニングからキッチンが丸見えになってしまいます。それを防ぐためには、ロールスクリーンなどで目隠しを作りましょう。ドライバーを使って天井にブラケットという金具を取り付け、そこにロールスクリーンを引っ掛けるだけで設置は完了。急な来客時などに素早くキッチンを隠すことができ、不要な時には巻き上げておけば、開放感を維持することができます。

シンクや作業スペースなど手元を隠したいなら、キッチン正面の腰壁を高めにするのが有効です。ただし、その場合、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンといったオープンキッチンにすることはできなくなりますので、注意が必要です。

収納スペースを設けるなど、機能性についても検討する

対面キッチンの収納は、壁付けキッチンよりも少なくなることが多いです。キッチンカウンターの下のスペースに収納棚をつくったり、壁面収納を取り付けたりするといいでしょう。吊戸棚をつけることもできますが、開放感が損なわれる場合もあるため、よく検討することをおすすめします。スペースに余裕がある場合は、パントリーなどの収納スペースを別に作る方法もあります。

●【実例紹介】イシンホームなら、機能性とデザイン性を兼ね備えた対面キッチンが実現可能!

最後に、当社が手掛けた対面キッチンのある家を紹介します。

「TOMO2働楽」を合言葉に、家族みんなで楽しく料理ができるアイランドキッチン

通路幅をしっかり取っているため、みんなで楽しく料理や後片付けができます。気になる収納スペースも、シンク下や背面に十分確保しています。

スタイリッシュなアイランドキッチンを中心とした「家事が楽MAX」仕様の家

スッキリとしてスタイリッシュな印象のアイランドキッチンはお手入れも簡単。コンロを壁側にすることで、油汚れが広がりにくくなっています。 対面キッチンの最大の魅力は、料理をしながらでも、家族とコミュニケーションが取りやすいところ。さまざまな種類があるため、選ぶレイアウトやしっかりとした打ち合わせでデメリットをカバーすることができます。一人ひとりの希望に応じたアドバイスもさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

太陽光+蓄電池搭載で節約・安心を手に入れた実例を紹介!
賢い家づくりのノウハウがぎゅっと詰まったカタログをもらおう

資料請求はこちら

運営会社

株式会社イシン住宅研究所(イシンホーム)

イシンホーム住宅研究会は家造りを天職とする日本全国約180店が参加する真面目な家づくり研究ネットワークです。常に未来を先取りする研究・開発型の企業です。蓄積したノウハウや研究実績を自社のためだけでなく、全国に提供し、喜ばれています。イシンホーム住宅研究会本部は商品開発チームを結成し独自で開発した販売・設計・施工のノウハウを加盟店に提供するとともに、優れた資材を一括購入することで購入にかかるコストを飛躍的に落とし、高品質・高性能な家をお客様に提供できる仕組みになっています。

本社(総合戦略本部)

同じカテゴリの最新記事

30坪での家づくりでは、どのような間取りにすると住みやすい? チェックリストも使ってしっかり確認!

家事がしやすい動線

太陽光発電を導入すると後悔してしまう? しっかりと対策をして、満足のいく家づくりを!

家事がしやすい動線