ZEHとは? 補助金制度についても理解して、エコな住まいを実現!

脱炭素社会の実現に向け、地球に優しい住宅として重要性が高まっているZEH。そもそもZEHとはどのような住まいなのでしょうか。興味はあるものの、詳しいことはわからないという人も多いかもしれません。そこで今回は、ZEHのメリットやデメリット、補助金などについてまとめました。併せて、当社が手掛けた実例も紹介します。

●ZEHについてしっかりと知っておこう

まずは、ZEHの概要、メリット、デメリットについて解説します。

「ZEH」とは

ZEHとは「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略。必要な要素は「省エネ」「断熱」「創エネ」の3つ。高い断熱性や省エネ性能に加え、太陽光発電などでエネルギーを創り出し、年間のエネルギーの収支をゼロ以下にすることを目指す住宅です。

メリット 

・光熱費を削減できる

高断熱かつ省エネルギーである設備の導入や、太陽光発電で得た電力の使用で、ランニングコストの削減も可能。また、余った電力を電力会社に売電することで収益も得られるでしょう。

・夏は涼しく冬は暖かいため、快適に過ごすことができる

高い断熱効果によって部屋ごとの温度差が少なく、夏は涼しく冬は暖かい構造。そのため、一年中快適に過ごせます。また、それにより冬場に多いヒートショックのリスクも抑えられると考えられています。

デメリット

・発電量が日によって変動してしまう

太陽光発電システムの発電量は天候によって変化するため、常に安定した電力を得られるわけではありません。雨や曇りといった天候の悪い日や、日照時間の短い冬場は発電量が減少すると考えられます。

・初期費用が高くなってしまう

ZEH住宅は、高断熱などを実現するための素材の使用や、太陽光発電システムや省エネ機器の設置によって、どうしても初期費用や定期的なメンテナンスコストがかかってしまいます。ただし、先述の通り、省エネ性能が高いほど光熱費を抑えられるメリットがあるほか、補助金などを活用して負担を減らすことも可能です。

ちなみに、イシンホームのZEH住宅では光熱費を抑えられるうえに売電で収入を得ることも可能。そのため、設備費用を利益が上回ります。詳しく知りたい方は、お気軽にお店にお越しくださいね。

●ZEH住宅を建てると補助金をもらえるって本当?

ZEH住宅には、国土交通省、環境省、経済産業省の連携によって実施されている補助金制度があります。ただし、補助金を受け取るためには、対象や要件、スケジュールなどを確認して申請しなければなりません。ここからはいくつかの支援事業について紹介します。

補助金にはどのようなものがある?

・地域型住宅グリーン化事業

ZEHレベルなどの高い省エネルギー性能や耐久性を持つ木造住宅の購入に対する補助金制度。主要構造が木造で、政府が対象としている中小工務店が建てた新築であること、地域材を積極的に使用することなどが条件となります。補助される金額は70〜140万円。

・戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化等支援事業

ZEHビルダーまたはプランナーとして登録されている施工会社が建築または販売する新築住宅で、ZEHまたはZEH+であることが要件。ZEH+とは「外皮性能の更なる強化」「高度エネルギーマネジメント」「電気自動車を活用した自家消費の拡大措置」のうち2要素以上を採用するなど、ZEHをさらに高性能化した住宅です。この補助金制度を利用すれば、ZEHは定額55万円、ZEH+の場合は定額100万円が受け取れます。

・次世代ZEH+実証事業

ZEHビルダーまたはプランナーとして登録されている施工会社が建築または販売する新築住宅が対象。ZEH+の要件を満たすことに加えて、さらに「V2H充電設備」「蓄電システム」「燃料電池」「太陽熱利用温水システム」のいずれかを導入する必要があります。補助される金額は定額100万円。

申請の流れ

①対象者かどうかを確認

補助金の対象となるのは、ZEHやZEH+の新築住宅を建築する人、または購入する人のいずれかです。

②要件・スケジュールを確認

各補助事業の要件に該当するかを確認。公募期間や時期、要件などは年度によって異なるため、注意が必要です。

③ZEH住宅対応のハウスメーカーに相談する

対応可能なハウスメーカーに相談し、プランを作成。補助金の申請は依頼したハウスメーカーが全て行います。審査が通れば交付決定通知書が発行され、着工になります。

注意点

補助金を受け取るためには、申請から着工まで決められた順番で作業を進める必要があります。交付決定前に着工してしまうと、補助金の対象外となるため注意しましょう。

●イシンホームで、補助金を活用して高性能なZEH住宅を建てよう!

先述した通り、イシンホームのZEH住宅には、高性能の省エネ設備が充実しています。10kW以上のソーラーシステムと、世界に誇るEVブランドが技術を結集して開発した大容量の蓄電池を初期費用0円で導入可能。「7層の壁」でエアコンなどの消費エネルギーを削減する「万能マルチ壁」、世界最高クラスという約93%の熱交換率の「Eco-i熱交換換気システム」などによって光熱費ゼロを目指します。しかも、それらの設備は標準仕様となっているため、初期費用も抑えられてお得。さらに、高性能であることから、補助金を最大限に受け取れるというメリットも。長く安心して暮らすことができるZEH住宅を賢く手に入れることが可能です。

●まとめ

高い断熱効果によって季節を問わず快適に過ごしながら、光熱費の削減もできるZEH住宅。イシンホームなら光熱費を大幅に削減できるほか売電での収入により、気になる初期費用を上回る利益を得ることが可能です。外観デザインや間取りなど希望に応じたアドバイスもさせていただきますので、ぜひ気軽にご相談ください。

太陽光+蓄電池搭載で節約・安心を手に入れた実例を紹介!
賢い家づくりのノウハウがぎゅっと詰まったカタログをもらおう

資料請求はこちら

運営会社

株式会社イシン住宅研究所(イシンホーム)

イシンホーム住宅研究会は家造りを天職とする日本全国約180店が参加する真面目な家づくり研究ネットワークです。常に未来を先取りする研究・開発型の企業です。蓄積したノウハウや研究実績を自社のためだけでなく、全国に提供し、喜ばれています。イシンホーム住宅研究会本部は商品開発チームを結成し独自で開発した販売・設計・施工のノウハウを加盟店に提供するとともに、優れた資材を一括購入することで購入にかかるコストを飛躍的に落とし、高品質・高性能な家をお客様に提供できる仕組みになっています。

本社(総合戦略本部)

同じカテゴリの最新記事

家計にどうなの?新築住宅の太陽光発電に関わる費用を徹底チェック!

毎月の光熱費・売電について

太陽光発電YES!かNO?か。迷ってます!我が家の新築。

毎月の光熱費・売電について